あえて小規模な結婚式にしよう! 家族婚という選択

家族婚はこんなスタイルです

家族婚とは、結婚式の出席者を新郎新婦の親族に限定したスタイルです。基本的に、勤務先の同僚や上司、学生時代の恩師は招待しません。友人も招待しないことが通例です。出席者を限定することで、アットホームな雰囲気で新郎新婦の門出を祝うのが家族婚なのです。小規模な結婚式となるため、コストを抑えられるメリットもあります。決まったスタイルはないので、宗教の形式にこだわらずに結婚式を企画できます。結婚の事実を親族に伝えることができれば、他は自由です。

配偶者の親族と触れあえる

家族婚は出席者を親族に限定した形式です。一般的な結婚式よりも食事会のイメージに近いかもしれません。そのため、比較的気楽な雰囲気で進行することが多いようです。このような場では、新郎新婦が配偶者の親族とコミュニケーションをとるのに向いています。配偶者の両親とのコミュニケーションの機会はあったはずですが、配偶者の兄弟(姉妹)とは機会がなかったかもしれません。これから家族として付き合いが始まる相手なので、最低でも顔と名前は覚えられるようにしましょう。

どうしても友人たちを招待したいときは

結婚式は家族婚のスタイルに決めたとして、やはり友人にも結婚したことを直接伝えたい気持ちがあるかもしれません。特別に親しい友人なら結婚式に招待してもかまいませんが、基本的には、後日に友人を対象とした食事会を開催するとよいでしょう。一般的な結婚式の二次会のような形式にしてもいいですし、個別に会って食事などをしてもかまいません。このような場合、飲食代は新郎新婦が負担しましょう。一部の負担をお願いするとしても、大半を新郎新婦が支払ってください。

家族婚のプランの魅力として、費用の節約ができることはもちろんのこと、スケジュールを立てやすいことがあります。