どうやって選ぶ?婚約指輪の選び方のポイントとは?

婚約指輪の定番はやはりダイアモンド

婚約指輪とは、婚約の証に男性から女性に渡す指輪のこと。宝石が付いているもので、結婚指輪とは別に用意するのが一般的です。「指輪は着けないし、別にいらない」という女性もいますが、結婚という約束を表すアイテムとして大きな意味を持っています。婚約指輪の宝石として最も一般的なのがダイアモンドです。硬度が高いことで有名な宝石で、永遠の絆や不変不滅という宝石言葉から、二人の絆を硬いものにするという意味合いを持たせて選ばれることが多いです。一生モノの買い物なので、出来るだけ石の質にはこだわって選びましょう。

男性一人で選ぶときの注意点は?

婚約指輪を渡すタイミングは人それぞれですが、プロポーズと同時にサプライズで渡してあげたいと考える男性も多いはず。その場合、当然指輪は男性一人で選ばなければなりません。その際注意したいのが、相手の好みをしっかりリサーチしておかなければいけないということ。折角高い指輪を買ったのに、お相手の好みに合わなかった、ということがないように、好みのデザインを調べておきましょう。お気に入りのブランドがある場合なら、そのブランドで選ぶのもおすすめです。

こだわり派は二人で選ぶ

とてもじゃないが男一人では選べない、という場合は婚約後に二人で選びに行きましょう。サプライズ感はなくなっても、記念の指輪を探す時間も、将来の大切な宝物になるはず。彼女と一緒なら、好みを外してしまうという失敗も避けることができます。また、どちらかの両親から婚約指輪を譲り受けるというケースもあります。その場合もそのまま渡すのではなく、ひと手間かけてリフォームするのがおすすめです。家族の絆を受け継ぐと同時に、彼からの気持ちも渡すことができます。

婚約指輪とは婚約成立の証しとして普通は男性から女性へ送る指輪のことです。欧米諸国からの習慣が伝えられてきました。日本では主にダイヤモンドが一般的です。