圧倒的な存在感のダリアを使ったオータムウエディング

プライベートウエディングを彩る

秋の結婚式の主役として活躍が期待されるダリアですが、中でも大輪のダリアはダイナミックな大きさと華やかさで圧倒的な存在感を放っています。隠れ家的なところでプライベートなウエディングを挙げるなら、和モダンをテーマに一輪でも上品で華やかなダリアをメインに使ってデザインしてもいいでしょう。落ち着いた会場の空間を生かして、シックな大人の雰囲気を演出してもいいですよ。ゲストテーブルは会話が弾むようにボール咲きのダリアに合わせて楽しい雰囲気にしてみましょう。

メインテーブルは赤基調で

メインテーブルは赤を基調にしたグラデーションで大人の華やかさを演出しましょう。黒い稲妻や黒蝶、熱宴など数種のダリアの下には帯を敷いて花の艶やかさを浮き上がらせるとキレイですよ。ダリア以外には秋色アジサイやケイトウ、プロテア等をアレンジに加えるといいでしょう。加えて、メインテーブルの背景にも装飾を施し華やかさを出していきます。パールライトやダイヤモンドダスト等、丸みのあるダリアを合わせて丈で曲線を描き、竹の躍動感で空間を遊ばせてみましょう。

会場を彩るダリアたち

ウェルカムフラワーは牡蠣のからを使った存在感のある器にダリアをふんだんに盛って、華やかさと重厚感を演出しましょう。空間がとても引き締まりますよ。メインテーブルの対向、新郎新婦の目線の先にはダイナミックな花器を使用し、迎春やハワイアンベイビーウッドなどの品種のダリアで上部は華やかさを、下部はクラマゴケで水中の統計感を演出するといいでしょう。会場のオブジェとして白宇宙というダリアをシャンパングラスのようなガラス花器に浮かべ下から覗き込めるようにすれば、アクアリウムのようで和の空間に透明感が加わりますよ。

駅近の有名老舗ホテルだけでなく、福岡の結婚式場には、専門式場やレストランなど、料理やおもてなし度にこだわるカップルのニーズにこたえる特徴ある式場がたくさんあります。