知っておきたい!少人数結婚式が行えるさまざまな会場

そもそも「少人数結婚式」とは?

少人数結婚式とは、招待客が40名以下の小規模な結婚式を指します。ですので式場についても、小規模な人数に合った広さのものを選ぶ必要があります。そして少人数結婚式は、家族や親類、友人といった、ごく親しい人たちのみに招待客を限定するのが特徴であるため、アットホームな雰囲気で式を行えるということが魅力になっています。さらに、招待客が少ないため、大規模に行われる一般的な結婚式より費用が安く済むというメリットがあります。また最近では、少人数結婚式の需要が増えているということもあり、小規模に対応した式場も増えています。

少人数結婚式に利用できる会場

少人数結婚式では、それに対応した専門式場をはじめ、ホテルやレストランなどが式場として利用できます。ホテルの場合だと、スイートルームや小宴会場、会議室などを利用することが可能であり、特にスイートルームであれば、高級感のある結婚式が挙げられると言えるでしょう。次にレストランの場合は、40名程度など、比較的人数が多いケースであれば貸切で利用することができますし、数名程度であれば、個室を借りて行うということも可能です。

少人数結婚式の会場選びをする際の注意点

少人数結婚式の会場選びで一番注意したいのは、「会場の広さが適切かどうか」ということです。会場が広すぎると、閑散とした雰囲気になってしまいますし、費用も余計にかかってしまうため、ちょうどいい広さの会場を選ぶようにしましょう。次に挙げられる注意点は、「必要な設備が整っているかどうか」ということです。特にレストランの場合は、もともと結婚式を行うための施設ではないため、着替えなどを行うバックヤードのスペースが十分あるかどうかなどを事前に確認しておく必要があるでしょう。

神戸の結婚式場で、結婚されると、高齢者の出席者から、「瀬戸の花嫁さんだね」と微笑みながら言われます。