若者らしい考え方?結婚式を安く済ませたい三つの理由とは

そもそもお金がない若い世代が増加中

最近はデフレやグローバル化の影響もあり、低賃金化が進んできています。特に若い世代は金銭的に恵まれているとは言い難いです。年収300万円以下で働いている人が決して珍しくはないのです。正社員でもそうなのですから、派遣社員ともなればさらに経済的には厳しくなります。こうした時代にあっては、高い結婚式というものはしたくでもできないわけですね。仕方なく安い結婚式で我慢をするというカップルが増加中です。お金がないのはどうしようもないことです。

将来のことを考えれば無駄遣いはできない

将来も見通せない時代になってきました。昔は終身雇用制度があったので、定年まで安心でした。年金もたくさんもらえていたので、老後も安心だったわけです。ですが、今の時代は終身雇用制度もなくなり、年金の支給額も減り続けているのです。こうした時代にあっては、自分たちで将来の安全を確保しなければなりません。若いうちから無駄使いはできないわけですね。そのため、結婚式の費用を極限まで抑えて、残りのお金は貯蓄に回そうというカップルが増えてきているのです。

趣味や投資にお金を使いたいという人も多くなってきた

最近の若者は、自分たちの生き方を明確に持っている傾向が強いです。世間体を気にせずに、常に自分たちにとって何が優先するのかを考えて動いているわけです。立派な結婚式ができない人間は半人前だと言われていた昔は、世間体を気にして安い結婚式は回避していました。しかし最近はそうした意見に耳を貸す若者も減ってきました。人がどう思おうと関係なく、自分たちのやりたいことをやるのが一番だと考えているわけです。ですから、結婚式にもさほど大きなお金をかけず、そのお金を趣味や投資に注ぎ込むケースが増えてきています。

結婚式場を探すのに悩む人も多いですが、都内近辺の方なら結婚式場を神奈川で探してみるのもひとつの方法です。